とっても好いお天気に

    たくさんのお客さま!!

 

4回 ぱれっと食堂

 

 3月5日(日)、春を思わせる好天の下、第4回のぱれっと食堂を開催しました。

 今回もボランティアを含めたスタッフが25人、お客さまが50人と、たくさんの方々にお越しいただき盛況のうちに一日食堂を終えることができました。

 中学生を中心に子どもたちの参加が増え、旺盛な食欲と活気にスタッフも大喜びでした。大勢のお客さまに席は常に満杯状態で、楽しくにぎやかな雰囲気に「とってもいい雰囲気!!」とのお声をいただきました。会場のあちこちで新しいつながりも生まれ、いろいろな意味での出会いの場にもなりました。

 「ひっそりと…」とはいかなくなったのかな? と、うれしい誤算です。

 第5回ぱれっと食堂は4月30日(日)を予定しています。お楽しみに!!

 

 

 

第4回「ぱれっと食堂」のご案内

 

 第4回の「ぱれっと食堂」を開催します。

 今回も日曜日のお昼で、正午から午後2時まで開いています。メニューは「変わり焼き豚丼」と「とろとろチンゲン菜スープ」にデザートです。とっても風味豊かでおいしくて、やみつきになる味です。ぜひ味わってみてください。

 

 と き   3月5日(日) 正午~午後2時

 ところ   グループホーム ぱれっと

       伊勢市吹上2-11-46(明倫保育所横)

 

 「みんなで楽しい食卓を!!」をキャッチフレーズに、街の中で子どもからお年寄りまで、みんなが楽しく集える場づくりをめざしています。ぜひお越しください!!

 

 

 

伊勢志摩サミットでの国際メディアセンターで使用した木材をリユースして作製した

ベンチの完成披露セレモニー開催

 

 2月14日(火)、伊勢志摩サミットにおける国際メディアセンターで使用した木材をリユースして作製したベンチの完成披露(設置)セレモニーが四郷支所で開催されました。市内の障害者施設で総数160台が作製されました。これは障害者就労施設等からの優先調達に資するための伊勢市の施策であり、ステップワン作業所もその委託を受け4台を製作しました。

 2012年に実現した三重県の社会的事業所制度の中でも注目される間接補助にも当たるものだと思います。ステップワン作業所は社会的事業所には程遠い状況にありますが、さまざまな形の優先調達が増えていくことに期待をしています。お世話になった伊勢市役所の皆さん、本当にありがとうございました。

市 長 が 語 る「こ れ か ら の 福 祉」

 

 2月5日(日)の午後、ステップワン作業所でNPO法人ステップワン恒例の人権講座を開催しました。今回は鈴木健一伊勢市長をお招きし「これからの福祉」と題してお話をいただきました。

 各地域で開かれている地域懇談会の資料を中心に、命、自立と連携、誇りと調和、暮らし、心と幅広いテーマで、障害者を軸にすえたお話でした。特に障害者と防災、バリアフリー観光、サポーター制度等の現在の取り組みと課題が示され、市長が障害者問題に熱心な姿勢に参加者も納得の様子でした。

 「現場」という言葉を市長はよく使われますが、観光にみえた視覚障害の方に自ら声をかけ対応された事例、児童の発想をもとに街づくりを進めた事例など、まさに「現場第一」を自認する市長の姿だと思いました。「街づくりが如何に健常者中心であったか思い知らされた」という言葉通り、今後も障害者を大切にする市政を進めていってくださることを願っています。

 市長はじめ、あいにくの雨の中を参加してくださった皆様に心からお礼を申し上げます。

 

 

 

NPO法人ステップワン人権講座

 

「こ れ か ら の 福 祉」

 

講師  鈴木 健一さん(伊勢市長)

 

 

 毎年恒例のNPO法人ステップワンの人権講座を開催します。

 今回は伊勢市長の鈴木健一さんに「これからの福祉」と題して語っていただきます。講座の後、意見交換会も予定しています。入場は無料ですので、お気軽にお越しください。

 

 

 日時  2月5日(日) 午後3時~4時

 会場  ステップワン作業所(伊勢市楠部町1677-5)

 講師  伊勢市長 鈴木健一さん

 

 問い合わせ先  NPO法人ステップワン  Tel 0596-23-6677

 

 

 

 

たくさんのお客様、第3回ぱれっと食堂

 

 昨日の第3回ぱれっと食堂にもたくさんのお客様にお越しいただきました。

 小さいお子さんからお年寄りまで37名のお客様でした。ポニ・アネラの田端さんには当日も実地指導をいただき、「カリカリチキンのクリームシチュー」と「ひじき玉子そぼろご飯」をおいしくいただきました。

 ぱれっと食堂も3回目になりスタッフも慣れてきましたが、反省点も出てきました。これからの食堂に活かしたいと思います。第4回は3月上旬を予定しています。

 お客様、地域の皆さん、ボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。

 

 第3回「ぱれっと食堂」開催です!!

 

 「ぱれっと食堂」も3回目です。

 今回は日曜日のお昼です。1月29日(日)の正午から午後2時まで開店です。

メニューは「カリカリチキンのクリームシチュー」「ひじき玉子そぼろご飯」がメインです。

ステップワン作業所の料理教室でお世話になっている参宮通りポニ・アネラの田端美保さんに教えていただいた献立です。ぜひお楽しみに!!

 

     新年あけましておめでとうございます

         更なる飛躍の年へ!!

 

 2017年が明けました。

 1月4日、NPO法人ステップワンも新しい年の幕開けです。

 

 2016年はステップワンにとって大きな改革の年でした。更なる飛躍ができるよう、今年も力を合わせて前に進みたいと思っています。1月の終わりには、昨年から始めた「ぱれっと食堂」の第3回を開催する予定です。詳しくはまたお知らせいたします。

 「伊勢志摩ホームニュース」(中日新聞伊勢志摩専売会発行)の1月1日号に、新道のお店「すてっぷわん」の歳末バザーの様子が掲載されました。今年も皆様のお力を借りて、利用者の笑顔でいっぱいのステップワンを創っていきたいと思っています。

 

  2016年が幕を閉じます

    今年も1年間ありがとうございました

       そして、これからもよろしくお願いします!!

 

 2016年が幕を閉じます。

 今年も1年間、本当にありがとうございました。ご支援ご協力いただいた皆さまのおかげで無事に歳の暮れを迎えることができます。NPO法人ステップワンにとって今年は激動の年になりました。昨年度に大幅な職員の交代があったため、経験年数の少ないスタッフで試行錯誤の連続でした。さまざまな今年の取り組みを通じて生まれた成果や人のつながりを大切にして一歩ずつ進んで行きたいと思っています。

 今年一番の成果は、これまで以上にたくさんの人たちのお力を借りられることになったことでしょうか。昨日も教職生活を終えられた女性がお二人、一日ボランティアとして大掃除の手伝いに馳せ参じてくれました。「朝からお弁当を作ってウキウキしてやって来ました」とのありがたいお言葉でした。

 「ボランティアを軸に活動してきたステップワン」の言葉とは裏腹に、ボランティアの数は年々減少し活動は停滞していたといって過言ではない何年間かでした。コンサート開催もなくなったことから「何をどう手伝ったらいいのか?」との昔からの友人の声もありました。作業所、店、グループホームの運営、さらには新しいグループホームの建設に向かっての準備、これらのことにかまけてすべてのことが御座なりになっていたような気がします。何もかもが中途半端な中、グループホームぱれっとを中心に夏祭りを復活し、無謀とも思える「ぱれっと食堂をやろう」の声が実現し、「やってよかった」に変わりました。

 この間にたくさんの人のお力を貸していただくことができました。大きな農園でできる果物の数々を提供してくださるご夫婦と息子さん、食堂のためにさまざまな食材を提供してくださる方々、料理に実地指導やアドバイスを惜しみなく下さるシェフ、バザーやイベントを手伝ってくれる学生やソーランの若者たち、日常的に空いた時間を使ってボランティアに来てくださる皆さま、すべてを挙げることができない程のお力添えでした。本当にありがとうございました。

 

 来年は酉年、今年以上に羽ばたいていきたいと考えています。早速、1月29日(日)正午~午後2時に、第3回「ぱれっと食堂」を開催する予定です。これからもご支援ご協力ください。

  

 

      今年も、あったかいクリスマスプレゼントが!!

 

 今年もクリスマスが近づいてきました!!

 ステップワン作業所の利用者の人たちが、毎年この時期を楽しみに待つようになって何年になるのでしょうか? というのも、クリスマスが近づくと恒例のようにして素敵なプレゼンターがいらっしゃいます。

 すがたかたちはサンタさんでもないし、足ながおじさんでもありません。しかし、ある日突然のように登場し、大きなクリスマスケーキをプレゼントしてくださる男性がみえるのです。家庭ではお目にかかることのないほど大きなクリスマスケーキです。お名前もご住所もおっしゃらないまま立ち去っていかれます。今年もお名前やご住所をうかがったのですが教えていただけませんでした。その日、みんなでおいしくいただきました。

 ステップワンは今年もたくさんのご好意やご厚志に支えられて、ここまでやってきました。作業所、グループホーム、新道のお店、今年から始めたぱれっと食堂、いずれもみなさんのお力添えがないと成り立っていきません。これからもご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

歳末バザーに大勢のお客様

感謝の1年、ありがとうございました!!

 

はやいもので今年も「よいお年を」という挨拶が聞かれるようになってきました。

12月11日の日曜日、新道のお店「すてっぷわん」で恒例の歳末バザーを開かせていただきました。今年もたくさんのお客様にお越しいただきました。おなじみの宮城県釜石市の「揚げはんぺい」に加えて、今回は地元松幸農産しあわせ家さんのシュークリームをご用意しました。当日販売も完売で人気のほどがよくわかりました。

 4月から新鮮な果物を中心にご提供いただいている篤志家の方から、今回はたくさんのハッサクを提供していただきました。また、ゆずを砂糖で漬けた飲み物も頂戴し、冷えた体を温めることができました。本当にありがとうございました。

 

 今年も皆様のおかげでたくさんのご厚意をいただきました。特に今年は多くのボランティアの方に助けていただき、すばらしい1年になりました。少しずつ若かった頃のステップワンに近づきつつあるのかなと嬉しいこの頃です。本当にありがとうございました!!

12月11日(日)
新道のお店にて「すてっぷわん歳末バザー」を開催しました。天気にも恵まれたくさんのお客様に来て頂きました。本当にありがとうございます。これも皆様のおかげです。今後ともよろしくおねがいします。

 

 

 

みんなで楽しい食卓を!!

 

第2回「ぱれっと食堂」大盛況!!

 

 

   すばらしいお天気の中、12月3日の土曜日の昼間に第2回「ぱれっと食堂」を開きました。午前中は外でもほかほかの天候でしたので、玄関前にテラスのようにして机と椅子を並べお客さんをお待ちしました。

   最初に市内の民生・児童委員の方々が「何か手伝おうと思って」と馳せ参じていただきました。当日は朝早くからカレーの準備などをしたのですが、たくさんのボランティアの皆さんのおかげで予想よりも早く準備が終了していましたので、しばしの談笑を楽しみました。昔の地元の屋号の話や地域の話題などで大変盛り上がりました。「色々な情報交換の場になった」とおっしゃっていただいた方もみえました。

   その後もたくさんのお客さんがお越しになり、最終的には30名を超える皆さんに参加していただきました。今回は前回より地元の方が増え、本当に感謝感激です。ただ子どもたちの参加が少なかったので更に工夫をしていきたいと思います。民生・児童委員の方からは「子ども食堂」につながるようなご助言もいただきました。

   ボランティア、職員、利用者親子等が30名ほどになりましたので、総数は60名ほどの参加になりました。「ひっそり、ゆっくり、しっかり」が合い言葉ですので、これからも粘り強く開催していくつもりです。今後ともご支援ご協力をお願いいたします。

 

次回は新年の1月の下旬に第3回「ぱれっと食堂」を開く予定でいます。詳しくはホームページに掲載していきます。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2回ぱれっと食堂を開きます!!

「ひっそり

ゆっくり

しっかり」を合言葉に!!

 

2回ぱれっと食堂を123()に開きます。

冬場ということもあり、昼間に実施することにしました。今回はカレーがメインです。

また、お天気がよければ外でのカフェも開きたいと考えています。

 

ぜひ、ぱれっと食堂にお越しください。

 

 

「ぱれっと食堂」を開きました!!

 

  1029日の土曜日夕方から「ぱれっと食堂」を開きました。以前から地域とのつながりを深めるために何ができるかを模索していたのですが、8月の夏祭りをきっかけに定期的な催しをしていきたいと考えました。今後は月一回程度の開催を予定しています。

 グループホーム「ステップワンハウス ぱれっと」も誕生して4年になります。色々な問題を抱えながら、地域の皆さんとのつながりも少しずつ増えてきました。8月の夏祭りでは多くの人たちに参加をしていただき、見学の希望もたくさんありました。これから更につながりを深めていくために「ぱれっと食堂」を企画しました。地域の皆さんは勿論のこと、多くの人たちと「みんなで楽しい食卓を!!」をキャッチフレーズに取り組みを進めていきたいと考えています。

  もう一つ、進めていきたいことがあります。いま全国で「こども食堂」が開かれてきています。「ぱれっと食堂」はそういった役割も担っていきたいと考えています。子どもだけの食事、ひとりぐらしのお年寄の食事、ひとの手助けがいる食事、そういった食事を日常とされている方々と共に「楽しい食卓」が囲めればそれはとても嬉しいことです。

  この「ぱれっと食堂」をできれば毎月開催していきたいと願っています。これからも色々な形でのご支援ご協力をお願いいたします。

 

 1回目の「ぱれっと食堂」は、案内チラシを地元の家庭のポストに入れるという方法を取りました。知っていただく方法としては全くの不足でしたので、お客様は18名お越しいただいたのですが、地元の方は1名という残念な結果に終わりました。

  はじめる前から「お客様の数は0人か50人か?」という結果が予測できない状況でしたが、あまりにも地元へのアピールが弱かったと反省しております。また、チラシだけでしたので「なんのことかわからない」という思いをもたれた方もみえると思います。次回から回覧板等を利用させていただきお知らせしていきたいと考えています。

 

 

「ぱれっと夏祭り」大成功!!

 

 

 

 828日(日)、大型の台風10号が近づく中、グループホーム「ぱれっと」で第4回の夏祭りを開催しました。あいにくの天候にも関わらず大勢のお客さんにご来場をいただき、みんな大喜びでした。カレーや焼きそば、かき氷に舌鼓を打っていただきました。また、グループホームの見学の希望が多く、皆さんに私たちの生活をより詳しく知っていただくことができ、支援スタッフがとても感激していました。本当にありがとうございました。

 

 台風の接近で開催が危ぶまれましたが、「お客さんがたとえお一人でも来てくださるなら」との思いで実施しました。思いが通じたのか、強い風も雨もなく最後のビンゴゲームまで行うことができました。地域の親子連れの皆さんを始め、防犯や防災に携わっている方々、児童民生委員の皆さん、市長さんや市議の皆さんなど、本当にたくさんの皆さんにお越しいただきました。

 

 民生委員の方とお話ししていたのですが、第4回とはいいながら「第3回は何年前のことやったかな?」と思い出すのに苦労するくらい間を置いてしまいました。ようやくスタッフの体勢も整い、これからこれまでの努力不足を補えるように更に頑張っていきたいと思っています。今年に入って何よりも嬉しいことは、ボランティアの皆さんが増えていることです。教育や福祉に情熱を持つ大学生の皆さん、退職された学校の元先生、よさこいを通じてお手伝いに来てくれる若者たち、作業所で料理やお茶の講師をしてくださっている先生方など、ボランティアの支援や協力を大切にしてきたステップワンにとっては何よりの贈り物です。皆さんのお気持ちに応えられるように力を合わせていきたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

  

 

夏はイベント真っ盛り

 

8月に入りました。暑い夏です。

夏はイベント真っ盛りです。8月はわくわくフェスティバル、プールに川遊び、夏祭りなど。

 

723日(土)は新道の「伊勢の夜祭」で大いに盛り上がりました。何よりも嬉しかったのは学生・社会人を含めてボランティアの方が43人も参加してくれたことです。

ステップワンは設立当初からボランティアの協力と視点を大切にしてきました。「みんなの広場」を開催した頃は一日ボランティアだけでも200人を超えたこともありました。また、コンサート時にもたくさんのスタッフ、ボランティアの協力を得ました。しかし、ここ数年はNPO法人としての組織作りやグループホームの設立・運営に追われて、ボランティアの人たちの協力へのお願いをおろそかにしてきたように思います。反省の限りです。

828日(日)は久しぶりにグループホームぱれっとで「夏祭り」を開催します。当日はバザーの他に、焼きそば、ツナカレー、かき氷なども用意しています。

ぜひ、たくさんの方のご参加をお待ちしています。

 

ご家庭で眠っている 日用品・雑貨・古着・古本・手作り作品 など など…何でもいいす。販売できそうな品物がありましたらご協力ください。

 

 さをり織りに使う毛糸・着物なども余ってませんか?

協力していただける 方は、下記の連絡先 へお願いします。

0596-23-6677

ボランティアさんも大募集中です!!

 

ご協力して頂ける方、お電話お待ちしております。

   原点を大切にし、活動していきたいと思います。

今後もご支援・ご協力よろしくお願いします。

ステップワンのホームページに「新規ページ」を設けました。ステップワンの理念や考え方に関すること、メッセージ性の濃い文章等については仮称ですが「新規ページ」に入れていくことにしました。よかったら、ご覧ください。