春 三 月、別 れ の 季 節

 

 これまでお世話になった方々とのお別れの季節、三月です。

 中国体操でお世話になった河崎昌郎先生の教室は今日で終了しました。長い間、四郷の教室からすてっぷわん川北での教室まで、特に2人の女性利用者は可愛がっていただきました。彼女たちの笑顔は体操によって、より一層輝いていました。謙吾さんも中国体操になると見違えるような動きを見せてくれました。特に先生と拳を合わせるような動きでは、ぴたっと気持ちが合った喜びに溢れていました。ありがとうございました。

 短期でしたが支援を助けていただいた北村清さんも都合で今日が最後の勤務となりました。急な支援が必要になって無理を言って来ていただいたのですが、すぐに打ち解けて利用者の皆さんも大喜びでした。色んなことができて、楽しいお話も得意で作業所を和ませてくれました。これからもボランティアで来ていただけるそうで嬉しいことです。

 4月から中国体操に代わって、倉野先生の健康体操が始まります。楽しみです。

河 津 桜 が 満 開 !!

 

 とてもあたたかい一日になりました。陽気に誘われて宮リバー度会パーク。

 早咲きの桜として有名な河津桜が満開でした。今日からほぼ全国一斉の休校。公園には子どもたちの姿もチラホラ。テニスに興じる中学生を見て、これから子どもたちはどこで過ごすのだろう? と思う。居場所や行先のない不安を持っている親子がたくさん。特に障害児とその家族はどうすればいいんだろう。一体どこまで考えての策なのか? 

八朔の収穫おひなさまめぐり㏌二見

 

 いっきに春めいてきました。昨日は八朔の収穫に熊谷さん宅に行きました。熊谷さんご夫婦はいつもみんなを大歓迎してくださって、果実をたくさん分けていただきます。八朔もいよいよ甘くなり、最終盤かなという感じです。あまりのも大量の八朔ですので、お店でお客様にお分けしています。ぜひお店にお立ち寄りください。

 今日は例年のおひなさまめぐり㏌二見に行きました。おひなさまと甘味で最高です。ポカポカ陽気で、ジャンパーを着ていると暑いくらいでした。三連休を前にしてか、たくさんの観光客の皆さんでした。二見の駅が賑わっているのを見るのは、なんとも嬉しい限りです。

料 理 & 茶 道 教 室

 

 昨日今日と2日連続で教室ディ。昨日は美保さんの料理教室。シウマイをみんなで作りました。ミンチ、しいたけたっぷりのシウマイ。皮を花のようにあしらって見事な出来栄えでした。白エビのごはんとわかめスープでいただきました。美保さんの感性は最高!!

 今日は茶道教室。すっかりと腕を上げた皆さんのお手前に感服。教室を始めて、もう何年になるのでしょうか。いつまでもお元気なお二人の先生には感謝です。いつもありがとうございます。

カ ラ オ ケ に G O! !

 

 春のような陽気の一日。カラオケにGO!! のスペシャルディでした。

 ノリにノッテ歌いまくっての2時間。モーニング娘のラブマシーンから尾崎豊のアイ ラブ ユー、最近のパプリカまで、何10曲になったのでしょう。

 途中にゲームや採点を挟んで楽しい時間でした。さすがに疲れた様子でしたが、久しぶりのカラオケに燃え上がりました。

節 分 の 日 の 書 道 教 室

 

 2月3日、節分の日、書道教室を開きました。もう何年になるのでしょうか。講師の村林先生とは長いお付き合いをしていただいています。今では新年会などの行事にも参加いただいています。

 字を書くことが好きな人のために硬筆を習っています。職員も参加して、赤ペンで〇をもらって楽しそうです。利用者の中には気まぐれにしか書かない人もいるのですが、丁寧にほめていただいています。〇をもらうと嬉しそうに見せに来てくれます。

 利用者も様々ですので、何が気にいるのか、ずっと手探りの状態です。今のステップワン作業所では、書道、木工、煎茶、茶道、料理教室の他にも、ギター演奏の日や中国体操なども楽しんでいます。

 

子ども新春まつりさをり織り体験

 

 新春恒例の「子ども新春まつり」が1月12日(日)、いせトピアで開催されました。

ステップワンは今年もさをり織り体験を開き、たくさんの子どもたちでにぎわいました。

午前中は冷たい小雨に見舞われ、出足は少し悪かったみたいです。そんな中、小俣の離宮院太鼓の元気な演奏で幕開け、とこわかダンスなども盛り込まれて楽しい時間が過ぎていきました。

 さをりの教室には、いつものように常連さんもみえて、大いに盛り上がりました。ビーズのコーナーも盛況で、素敵な作品が次々に生まれていきました。

 どのような行事、イベントも同じ様子なのですが、携わる人たちが(自分も含めて)高齢化しています。ボランティアも60代、70代の人たちが活躍しています。そんな時代だからこそ、子どもを大切にする行事やイベント、祭りが必要だと思います。熱心に話を聞いてくれたり、質問をいただくお母さん、お父さんにも感謝です。

 

宇治山田商業高校との交流会

 

 

 今年も宇治山田商業高校の体育館(武道館?)をお借りして、ステップワンとの交流会を持ちました。今年も実に色々なことを工夫してくれていて、一日を楽しみました。

 ストラックアウトや輪投げ、四郷小とはまた形の変わったボッチャ、たくさんのゲームが用意されていました。それぞれのコーナーには担当の高校生が待っていてくれて、説明や補助をしてくれました。利用者の様子でルールの変更や、ゲームの位置を変えたりと、その場でも工夫をしてくれていました。アドリブで笑わせてくれる女子もいて大賑わいでした。

 最後はみんなでフォークダンス、年寄りには懐かしのマイムマイムで締めました。支援員の方が興に乗って楽しんでいる様子でした。毎年、感心するのですが、一緒に何かをやろうとする子どもたちがいて嬉しくなります。

 去年の卒業生の中には、今もボランティアやアルバイトで来てくれる人もいて、すっかりと身内になったような気がします。何よりも利用者が若い人たちが好きで(当たり前ですが)大喜びします。こんなつながりがずっと続いていけばなあと願っています。

 これからもよろしく!!

彩り野菜のハヤシライスを召し上がれ!!

 

 吹上町のグループホームぱれっとを使った『ぱれっと食堂」も11回目を迎えることになりました。グループホームが少しでも地域の街中に溶け込んでいけるようにと願って生まれた地域食堂です。今ではたくさんのお客様に親しまれるようになってきましたが、始めたころは閑散としたものでした。やはり継続が一番だと思います。

 今回も外宮参道にあるポニアネラの田端美保さんに指導いただいて、彩どり野菜のハヤシライスに挑戦です。試作は上々で、大変おいしくいただきました。

 ポニアネラは今年10周年を迎えました。写真は記念の日にいただいた特製のチョコレートです。ポニアネラがお店を構えたころのことを思い出します。もう、あれから10年なんだ…  感慨深いものがあります。自分は高齢ですが、少しでも長くお邪魔できれば、と

願うばかりです。

 

 11月10日の食堂では、台風15・19号災害復興支援バザーも行います。収益と募金は「ゆめ風」基金を通して全額使っていただく予定です。わずかでも力になればと、切に願うものです。ぱれっと食堂にぜひお越しください!!

美 保 さ ん の 料 理 教 室

 

 今日は月一回の美保さんの料理教室でした。鮭がたっぷりのサーモンチャーハン、秋の風味一杯のきのこのスープ、それにナムルでした。

 今日は新しい実習生とバイトの学生さんも入って、大人数で大賑わいでした。さすがに若い人、さっそく意気投合したのか、利用者も交えての話も弾んでいました。調理の体験から卵の割り方まで、ずっと笑いが絶えませんでした。福祉や教育を志望する若い人たちが絶え間なく訪ねてくれることが何よりです。将来が楽しみです。

 美保さんの料理も、当たり前のことですが、いつもながら大変美味で、特に赤味噌に牛乳という組み合わせのスープは絶妙でした。チャーハンもスープもおかわり続出でした!

スペシャルディで志摩へ

 

 月に一度のスペシャルディ。それぞれの季節や行事に合わせて、小さなグループに分かれて出かけます。今回は、志摩磯部の「天の岩戸」へ6人で出かけました。少し曇りかげんでしたが、雨に当たることなく無事帰りました。

 天の岩戸は少し寒いくらいでしたが、幾組かの観光の方がみえました。利用者のうちの2人は薄暗かったからか何かを感じた(?)のか、車から降りずにいました。駐車場から湧水までは結構な距離がありましたが、ユーさんはしっかり歩きました。

 その後、阿児ふるさと公園に向かい、ここでお弁当をいただきました。久しぶりに外で食べる弁当は美味しかったようです。NHKテレビののど自慢の収録があるようで、そのための資材車がいて、車好きのカズ君が大変喜んでいたのを見て、優しい運転手さんが中を見せてくれました。興味深そうに、いつまでも見ていたいようなそぶりでした。

 その後、賢島駅でしまかぜと記念写真を撮りました。カズ君にとってはたまらない一日になりました。

若い力で笑顔がいっぱい!!

 

 今週も介護実習の学生さんが来てくれています。

 いまやステップワンは若い力で支えられている作業所、と言っても過言ではないような気がします。特に夏場は学生のボランティアにアルバイト等、種々様々な人たちが入ってくれて大賑わいでした。

 今日からみえた学生さんも見事に利用者の心をとらえたのか、いつも月曜日は眠そうにしている利用者をユーチューブのルパンで惹きつけていました。おかげで午前中はウトリウトリの人がばっちりと目を開けていました。

涼 を 求 め て

 毎年、夏になると、涼を求めて朝熊山頂に行くことが恒例になってきました。奥の院に向かって卒塔婆群の中を歩くと、爽快な気分になります。

 今年は蚊などの虫も少なく、気持ちよく散策できました。一番奥の茶店では、いつも親しくしてくれるおばあさんからお茶とお菓子をいただきました。とっても冷たくておいしかったです。ステップワンのこともよく知ってくれていて、利用者の中には馴染みの方もいます。ずいぶんと高齢になられましたが、いつまでもお元気でお付き合いいただければと願っています。

 帰りは鳥羽に向かって走りました。天気がよかったので、すばらしい景色を満喫しました。介護実習でみえている大学生は県外の出身者なので、観光気分になると喜んでくれていました。今年もたくさんの実習生が来てくれて利用者は大喜びです。一週間という期間では短いのが残念です。

水 ま ん じ ゅ う 作 り

 

 前回の料理教室の時に、ボランティアで来ていただいている元小学校教諭の山口先生が水まんじゅうを持ってきてくださいました。とってもおいしかったので、ぜひ作り方を!

ということで臨時の料理教室になりました。

 当日は材料からレシピ、容器に至るまで山口先生のお世話になりました。普通の容器だと一口でペロッといってしまうので、あんこが4つも入った、それも味の違うあんこ4つの特製水まんじゅうも作りました。本当においしかったです。

 やってみたい方は作業所まで連絡いただければご教示いたします。

5月30日(木)

楽しみな山商との交流

 

 今年も山商の生徒さんとの交流が順調に進んでいます。30日は、まず施設長からステップワンの説明があり、「作業所って何をするところだと思う?」とか「障害者の人は学校卒業後、どうすると思う?」等の問いかけに真剣に考えてくれていました。いつも驚くのは山商の生徒さんの人の話を聞く姿勢です。きちっと話す人の方を見て、真剣なまなざしで聞いてくれるので、話す方としても嬉しいです。

 今回は女性ばかりでしたが、皆さん利用者と話し込む様子が見られ、とっても楽しそうでした。今年もこれからが楽しみです。この後は、新道商店街でのスタンプラリーなどを計画しています。

    工房ALPHA

 

& DKサロン

 

 

 10連休の明けた5月7日(火)、二見にある工房ALPHAとDKサロンに行ってきました。この施設は以前ステップワン作業所にみえた森本兼光さんのお家を改造した館です。森本さんには今も作業所の木工教室の講師をしていただいています。趣味が昂じて自分で工房を作り、地域のサロンまで開いてしまいました。サロンはぱれっと食堂と同じような時期にオープンし、今では地域の憩いの場になっています。

 工房には道具や機械が数多く積まれ、いかにも仕事場という雰囲気でした。写真にある作品はいずれも森本さんのオリジナルです。手に入れたい方には販売もしていますので、お問い合わせください。二見の蘇民の森でも販売しているそうです。

 木のやさしい手触りがなんとも言えません。また、日常的にも使える便利な製品もあります。紙芝居用の箱になった舞台は特注品だそうですが、素晴らしい出来栄えでした。

 こんな作品を作る森本さん、実は中学校の同級生で団塊の世代です。ちなみに森本さんは倉田山中学校3年14組、私は3年15組でした。なんと、その当時、中学校3年生は18組までありました。この話をすると、皆さん絶句です。全校生徒2400人以上でした!!

春の一日、いせトピアで野点

 

 4月12日(金)、少し肌寒かったけど屋外で野点。煎茶の大間先生の提案でいせトピアの広場をお借りして、みんなで野点をしました。もちろん初めての経験でしたが、皆さん

満喫したようです。

 絵は先生自らがお書きになった見取り図で、この風景は遠くから見ると映画の撮影のようにも見えました。先生のお弟子さんもお手伝いに来ていただきました。また書道の先生や、抹茶の先生などもみえ、大がかりなものになりました。

 みんなで街に出よう!! 外に出よう!!です。

連日のお出かけ、12日はいちご狩り

 

 月曜日のボーリングに続いて、12日火曜日は五桂でいちご狩り。

毎年行われている五桂でのいちご狩りのイベントに、今年もみんなで出かけました。但し

いちごの苦手な人はお留守番。代わりに水曜日にケーキをいただきました。いちごの苦手な人っているのか?とお思いでしょうが、いるのです。残念!!

 みんな、おいしいものに出会うと本当に素敵な笑顔になります。また、今は若い人たちがいっぱい来てくれているので、みんな大喜び。

 「その反動がこわい…」 職員の悩みです。歳には勝てない、現実です。

食後の運動はソーラン!!

 

 ひさしぶりに食後の運動はソーラン!!

 うちにはソーランの代表選手、中村諒君がいます。彼の影響で、伊勢まつりでの総踊りを何よりも楽しみにしている謙吾さんがいます。謙吾さんは踊りやスポーツに天性の表現力があり、中国体操の手先の動き、ソーランの身のこなし、いずれも天下一品です。

 ひさしぶりのソーラン、1時間以上にわたって踊りぬきました!!

お ひ な さ ま め ぐ り in 二 見

 

 今日は素晴らしいお天気に恵まれたので、散歩を兼ねて二見に出かけました。先週は雨の日や風の強い日が多く、せっかく二見まで行ったのに「めぐり」ができずに帰ってきました。3月3日にはぱれっと食堂もあり、少し遅れた「おひなさまめぐり」になりました。

 再度挑戦の今日はお天気が好すぎて、花粉が大いに舞い散る一日ともなりました。辛い私にはとんでもない一日となりました。利用者の人は平気な様子でしたので、まずは安心でした。おひなさまの前で、満面の笑みを見せてくれました!!

 

BODY SHAPE教室

 

 続いてはBODY SHAPE教室です。こちらも利用者は最初、とっても元気な先生に圧倒されていましたが、音楽の展開と共に体が動きはじめ、利用者の好きなグループの曲になると軽快に踊り始めました。

 ある程度の年齢(?)の利用者と職員には大受けで、ディスコ並みに踊りを披露してくれました。テンポの良い音楽に、それぞれにポーズをとってカメラに収まりました。また

パラパラを会得している利用者は、その踊りを披露してくれました。

 FACE$BODY、どちらの教室も今回限りで残念なのですが、また機会があれば教室としてやってみたいと思います。これからも色々なことに挑戦します。

ふたつのシェイプアップ教室

 

FACE SHAPE教室

 

 親や職員は勿論ですが、利用者の皆さんも年齢とともに肥満傾向にあります。気候のよい時期は午後になると散歩に出かけることも多くなりますが、この寒い時期はどうしても運動不足になります。

 そこでシェイプアップのための教室を設けました。まずはFACE SHAPEです。

「顔ヨガ」という案内でしたが、イメージからFACE SHAPEと名づけました。

 初めての方には顔見知りをする人が多いので動きも弱かったのですが、少しずつ打ち解けていきました。口の動きで「チュウ♡」や「あっかんべー」、そしてアイーンに似た「ぐぃ~ん」など、顔の表情も豊かに運動しました。最後はみんな笑顔です!!!

 

ス テ ッ プ ワ ン の 教 室

 

 

 ステップワン作業所では毎月いろいろな教室を開いています。利用者の個性や好み、特性に応じて何に興味を持ってもらえるのかを探りながら、さまざまな試みをしています。

 それを教室という名称で催しながら、地域の人たちとの交流も進めていきたいと思っています。いま、行っている教室は次の通りです。

 書道教室、煎茶教室、茶道教室、木工教室、料理教室、他に中国体操、ギター演奏の日などを催していますが、1月には新たにFACE SHAPE教室とBODY SHAPE教室を開きます。それぞれ顔や身体のSHAPEをめざした体操のようなものになると思います。

 専門の先生にお越しいただいて、できれば地域の方々にも参加して頂ければなあ…と考えています。FACEが28日(月)でBODYが31日(木)の予定です。時間はいずれも午後1時から作業所で行います。詳しくは、またFacebookかホームページでお知らせします。

 

 他に10日(木)と17日(木)には伊勢市の防災センターを見学する予定です。利用者と家族の方に参加を呼びかけていますが、ボランティアの方も大歓迎です。詳しくは作業所までお電話ください。

                ステップワン作業所 0596-23-6677

 

 

 

新道のお店での中国体操

 

 これまでは作業所で行っていた中国体操を、新道のお店「すてっぷわん川北」で催すことになりました。できれば地域の皆さんにお声がけをして、月に1回ですが中国体操教室として定着できないかと考えています。今のところ、利用者と職員、ボランティアの山商生ですが、増えていけば嬉しいなと願っています。

 講師の河崎先生にはご無理を言って、店までご足労ねがっています。新道通りを行きかう人たちも、「何かしてるの?」といった表情で見ていきます。これからは商店街の皆さんにも寄っていって下さるようにお願いするつもりです。店頭にも予定日を貼っていこうと思っています。ぜひ、お立ち寄りください。

 1月は23日(水)午後1時から教室を開こうと考えています。

 

 

  「い い気 持 ち!!」 の 中 国 体 操

 

 今日は午後から月に一度の中国体操。いつもやさしい河崎先生の動きに合わせて、みんなで楽しみました。今日はお店当番で出ている人が多く、わずかな人数でしたがマンツーマンに近い状態で体操を満喫しました。

 四郷コミュニティーセンターで行われている中国体操に女性の利用者が通っていたのですが、みんなとても楽しそうなので「それじゃ作業所でもやってみよう」と先生にご無理申し上げました。快く引き受けてくださったので男性陣も大喜びです。特に中国体操に天性があるのか、手先の動きの素晴らしい人がいます。彼は月に一度の体操を心待ちにしています。これからは新しいお店でもやってみようと思っています。

作業をしない作業所??

 

バラエティに富んだ毎月の予定表

 

 月末になると次の月の予定表が利用者の皆さんに配られます。家族の皆さんは、「今月はこんな行事や教室があるのか。スペシャルディはどこに行くのかな?」と楽しみにしてくれていると思います。支援やボランティアの人たちは予定表をもとに自分の役割を確認します。

 私たちは作業所を開所したときから、障害者と呼ばれる人たちが作業机を囲んで黙々と手仕事をするというイメージを持ちませんでした。そういった形を否定するということではなく、「一人ひとりが快適な一日の生活とは何だろう?」を軸にして考えることを大切にすることで「毎日が色とりどりをめざしたい」と考えたからなのです。それで時として「作業のない作業所」とか「作業をしない作業所」といった表現を用いています。

 

 「作業をしない作業所」はバラエティに富んだ色々な教室を組んでいます。毎月の教室は、こんな風に色彩豊かです。

 書道の日、木工の日、ギター演奏の日、中国体操教室、煎茶教室、茶道の日、料理教室などです。お茶だけでも抹茶と煎茶の二つの教室があるのはたいしたもんだと思います。この他にグループに分かれて希望の映画や行楽地、食事会場に行くスペシャルディがあります。先月は志摩市浜島の海ほおずきにも行って来ました。

 また、地域の学校との交流も盛んで、四郷小学校、五十鈴中学校、宇治山田商業高校が訪れてくれたり、こちらからお邪魔しています。

 

 これからステップワン作業所の色々な顔を紹介していきたいと思います。

 

 

 

作 業 所 も 新 た な 展 開 へ

 

 新年度を迎え、新たな作業所活動を目指していきます。

 今日4月2日(月)から新グループホーム「くれよん」が開所し、男性3人が入居します。グループホームに居住する人は男性3人、女性3人で計6人の大所帯になりました。それに伴い作業所、グループホーム、お店間の送迎を始めました。送迎車の運転を専門に行ってくれる方がおみえになり、変則的な勤務になるのですがお願いをしました。

 これまでの職員の大きな課題のひとつが解決しホッとしています。安全を第一に、みんなが気持ちよく過ごせるように励みたいと思います。これからもご支援・ご協力をお願いいたします。

 

 

 

1月4日(木)、仕事始めでした!!

 

 今日1月4日(木)からステップワン作業所は開いております。

 今日は朝から元気な作業所スタッフ、職員が一週間ぶりに顔を合わせました。お正月の食べ物や、 駅伝をはじめとするテレビ番組の話題など盛りたくさんの一日になりました。

今日は皆さん、おうちから持参したお弁当の日でしたので食べっぷりも見事でした。今日からグループホームの生活も始まります。家庭と作業所、グループホームの連携が何よりも大切です。それぞれの人が気持ちよく安心して生活できるパターンやリズムの構築に、職員一同で全力を注いでいきますので、これからもご指導ご協力をお願いいたします。

 

 

 

仕事始めは1月4日(木)

 

 

 ステップワン作業所も今日で仕事納めです。1年間ありがとうございました。

今年も地域の方々や学校の子どもたち、民生委員・児童委員の皆さま、自治会や町内会の皆さま、ボランティアの皆さま、篤志家の皆さま、本当にたくさんの方々に支えていただきました。おかげさまで、無事に1年を終えることができました。

 12月29日(金)から2018年1月3日(水)まで年末年始のお休みをいただきます。作業所の仕事始めは1月4日(木)になります。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今年度、新しく中国体操とギター教室

 

 ステップワン作業所では、今年度に入って新しく中国体操とギター教室を始めました。

 中国体操を始めたきっかけは、これまでも作業所の女性が四郷コミュニティセンターでの講習に出かけていたのですが、「みんなでやってみたい!!」ということになり講師の先生にお願いしました。快くお引き受けいただいた河崎先生には月に一回の講習をお願いしています。

 ギター教室は、ボランティアで来ていただいている元小学校教師の広垣先生のお連れ合いさんにお願いしています。市内でギター教室を主宰されたり、演奏会を開催していることを知っていましたので、無理をお願いしました。

 「これで月一回の教室はいくつになったのかなあ?」と、楽しく数えています。

 

 

 

煎 茶 教 室

 

 1月20日(金)、今日は煎茶教室でした。大間とよ子先生に、お正月に飲む特別なお茶「大福茶(皇服茶)」を指導いただきました。

 1年の無病息災を願っての縁起のよいお茶で、季節にふさわしい花びら餅と共にいただきました。懐紙を折って鶴の形にし、紅い縁取りの白紙に花びら餅が美しく映えました。

湯飲みに梅干と結び昆布を入れていただくお茶は1月らしい雰囲気を漂わせました。また、今回は茶巾を使っての難しいお茶碗の拭き方も、文字通りの手を取ってのご指導でした。新しい年も順調に歩み始めています。

 

 

 茶道に書道、音楽に煎茶と幅広く教室を設けていますが、利用者の皆さんにはもちろん得意不得意があり全員参加の教室は実現していません。ただ、お茶は苦手だが、音楽になるとリズムに合わせて踊ったりすることで自分に合わせた動きをしています。その人に合った活動はないかと、毎日が手探りの状態です。

 

 

 

 

音 楽 教 室

 

 1月19日(木)、今日は音楽教室でした。ミュージック♪ケア 「シェリール ことりね♪」の上村美由紀さんが先生です。

 いつも癒し系の音楽からクラシック、演歌まで幅広い音楽で身体を使いながらの音楽教室です。今日は肩やおなか、頭のマッサージなどのストレッチから始まりました。「幸せなら手をたたこう」やセーラームーン、コナンの主題歌などを交えて、鳴子やトライアングルを使っての活動でした。音楽好きの利用者は楽しそうにポーズも決めていました。

 最後はいつも通り、シャボン玉で締めくくられました。

 

 

 

ステップワン作業所の教室

 

 ステップワン作業所では毎月1回の各種教室があります。少しずつ紹介したいと思います。先ずは「茶道教室」と「書道教室」です。

 

茶 道 教 室

 

  お師匠さんは佐野宗代(そうよ)さんと葛井宗了(そうりょう)さんです。裏千家の方々です。ボランティアとして作業所で長い間、お茶を教えていただいています。

 これまでは作業所内で教室を開いていたのですが、洋室である上に、衛生上もどうかと思われるような場でしたので1月からぱれっとを使っています。

 和室になりましたので、ふすまの開け閉めから始まり、とても厳粛な雰囲気で行われました。少し狭い和室なのですが、一つの部屋で集まるのは滅多にないことなので、利用者の皆さんもとても和気藹々としていました。

 

 

書 道 教 室

 

 書道は村林恵子先生にお願いしています。毛筆、硬筆、ペン習字と幅広く教えていただいています。

 1月は指文字でした。指先に墨汁をつけて爪と指先で書いていきます。利用者の皆さんは墨汁に指をつけるのが苦手なので、ティッシュを丸めて筆のようにしたり、段ボール紙の先で書いていました。また、ナイロンの手袋をつけてもやってみましたが、段ボール紙が一番書きよかったみたいです。最初は戸惑っていましたが、素晴らしい作品ができあがりました。

 

ステップワン作業所

 ステップワン作業所には現在7人(男性5人、女性2人)の利用者が通い、さをり織り・紙すき・木工などの作業や・書道など個性豊かな作品創りに励んでいます。

 作業所での作品は、新道の店「すてっぷわん」で展示・販売しています。交代で新道の店「すてっぷわん」の運営に参加しています。また、みんなで外に出ての食事会や散歩・カラオケなどを行い、地域の中で生き、地域と共に育つ作業所を目指して日々奮闘しています。